保育の本のトップページへ
今月のあそびと環境
7月号
月刊(毎月2日発売) AB判72ページ
定価1,155円(本体1,050円)

【特集】
付録のカードや身近な物ですぐに楽しめる
夏の室内あそび

猛暑で外あそびが難しい夏の時期。外で思い切りあそべない分、室内でも体を動かして楽しみたいですね。準備なしですぐにあそべるもの、付録のカードを使って楽しむもの、折り紙や新聞紙などの身近な素材を使ったもの、リトミックの要素が入ったものなど、いろいろなアイディアを紹介します。

▲すべてのアイディアに、保護者参加のイベントで楽しむ場合のポイント付き。

0歳児の保育
エピソードから読み解く4つのポイント

0歳児の保育で大切にしたいことはどんなことでしょうか。エピソードを読み解きながら「応答的なかかわり」に焦点を当てた4つのポイントを紹介します。

▲4つのポイントのまず1つ目は、「見守る」。保育でよく使われる言葉ですが、0歳児保育における「見守る」とは実際にどういうことなのかを、エピソードから読み解きます。

「子どもにとって」を本気で考える
生活習慣の援助【排せつ】

排せつの習慣は、人として心地よく生きていくための基本となるもの。
0・1・2歳児は、大人にすべて援助してもらうところから、トイレでの排せつに移行する大事な時期。「子どもにとって」適切な援助ができるよう、確認していきましょう。

▲0歳児の排せつ、1歳児の排せつ、2歳児の排せつについて、それぞれの時期の発達をふまえながら、保育者のかかわり方、大切にしたいことなどを解説します。

造形あそびから指導計画まで、0.1.2歳児の保育に役立つ情報がそろっています

★造形あそび 表現する子どもたち
今月は、「色であそんだら……」

指導計画プラス 保育のアイディア7月

0~3歳の発達を知る
ことばの育ちと保育者のかかわり

保育者として、0~2歳児の時期のことばの育ちをどのように支えていけるのでしょうか。言語聴覚士として乳幼児期の子どもたちのことばの育ちに寄り添い、園の巡回相談にも携わる原哲也先生に、ことばの育ちの基本とかかわりのポイントを聞きました。0~1歳の前言語期、1~2歳の語彙獲得~語彙爆発期、2~3歳の二語文・三語文期にわけて解説します。

発達を支援する
感覚の育ちを誘うあそび
②さまざまな動きを楽しむ

園やクラスに少しずつ慣れてきて、子どもたちの動きが活発になる時期。「体作りや動きにかかわってくる感覚を使うあそび」を紹介します。

保護者に伝えたい 0・1・2歳児の健康
知っておきたい、伝えたい
子どもの健康情報アップデート

子どもの健康を守るには、保育者の経験だけでなく、最新の情報が大事。最新情報のチェックの仕方、情報の生かし方を紹介します。

水と仲良しになるあそび

プールあそびに移行する前にテラスや園庭などで水に親しむあそびを紹介します。

【とじ込み付録】
室内あそびカード
「いない いない いた!」
「海賊たちの宝探し」
「海に潜ってあそんじゃおう」

特集「夏の室内あそび」で紹介しているあそび案に使える絵カード3つ。お化けに海賊、海の生き物など、子どもたちの好きなものがいっぱい!

このページのトップへ戻る↑

トップページへ↑