保育の本のトップページへ
今月のあそびと環境
10月号
定価1,100円(本体1,000円)

【特集】子どもの気づきから楽しむ
自然あそび 秋冬編

6月号の「春夏編」に引き続き、今号では秋冬の自然あそびをご紹介。戸外でのさまざまな出合いから、子どもたちは自然の美しさやおもしろさに気づき、それがあそびへと発展していきます。

▲秋冬編で紹介する素材は、「草花や実」「落ち葉」「氷や雪」の3つ。活発に探索する子どもたちの姿とそこから広がる魅力的なあそび案を、写真とともにお届けします

絵本と出あい 絵本を読みあう
0・1・2歳児大切なとき

保育者が日頃感じている絵本の疑問や悩み、年齢別おすすめ絵本とそれをどのように保育へ取り込んでいくのかについて、子どもと絵本の専門家である仲本美央先生にうかがいました。

▲子どもたちは絵本を通して、絵や言葉、大好きな人と一緒に過ごす温かい時間といったさまざまな文化と出あい、それを吸収し、興味・関心を膨らませていきます。

製作あそびから指導計画まで、0.1.2歳児の保育に役立つ情報がそろっています

★これからの製作あそび 素材とであう
今月の素材は「いろいろな紙」

指導計画と保育のアイディア10月

井桁容子先生が行く! 第2回
子どもの姿が変わった!
言葉かけ before after

「0・1・2歳児にも、意思がある」という井桁先生からのヒントを基に、「子どもの意思を尊重する」言葉かけへと意識を変化させていった、ある園の様子をご紹介します。

子どもが主体的に動きだす
あそびが変わる 環境設定のヒント

子どもが主体的にあそびだすには、保育者の働きかけだけでなく、あそびだしたくなるような「環境設定」が重要です。園での実践例を取り上げながら、そのヒントに迫ります。

0・1・2歳児の健康
感染源対策の基本をおさらい
発見から登園再開までの3つのポイント

感染源対策で大切なのは、早く発見して“子どものつらさに素早く対応すること”。健康管理の一環としての感染源対策や、家庭との連携のポイントについて解説します。

とじ込み付録①
お楽しみカード「さんぽ」

歌をうたいながら、くまやうさぎの足を歩いているように動かしてあそびましょう。歌詞に合わせて、散歩で出会う仲間たちも登場させると楽しいですね。


とじ込み付録②
ミニブック
「ちかくでさがそう 秋~冬の実と種」」

折って作る、手のひらサイズのミニブック。秋冬に出合う植物の実や種に注目してみましょう。自然あそびで大活躍すること間違いなし!

このページのトップへ戻る↑

トップページへ↑