まなびの部屋

保育士・幼稚園教諭のためのマナー&心得
キャラクター
保育士・幼稚園教諭として身につけておきたいマナーと心得を、
保育CANが毎月あなたにお伝えします。
みんなから好かれる保育者、みんなから期待される保育者になるために、
あなたの保育をそっと見直してみませんか?

昭和女子大学講師 柴田あき夫監修
■第1回 応対と接客
■第2回 ことばづかいと態度
■第3回 電話の対応
■第4回 好印象を与える話し方ができますか
■第5回 エチケットを守ったつきあいが人間関係を温かくする
■第6回 知ること 伝えること
■第7回 心がけること
■第8回 実行すること
■第9回 園児との接し方1 「子どもの身になって考えましょう」
■第10回 園児との接し方2 「よいこと悪いことに気づかせましょう」
■第11回 園児との接し方3「生きる力を育てる 子どもが輝くとき」
■第12回 学級経営と指導計画の立案「子供に合った目標をしっかり立てましょう」
■第13回 安全教育「子どもたちの安全が幼児教育の基本です」
■第14回 親と子の育ちの広場「保護者の信頼をより深めるために」
■第15回 子育て支援「地域と家庭をつなぐ保育者を目ざして」
■第16回 救急処置「必要最低限の知識を身につけましょう」
■第17回 危機管理と災害対策「日ごろから心の準備と用意をしましょう」
■第18回 心のおしゃれのチェックポイント「週一回、自己チェックをしてみましょう」
■第19回 さまざまな角度から保育者としての自己チェックしてみませんか?
実行すること 毎日の事務処理をスムーズにするには・・・
園事務は園の職員組織などによって相違してきますが、すべて関連をもっているのです。どこかで担当事務が渋滞すると全体に支障をおよぼすことになるのです。事務処理については、ほかとの連絡を密にして、合理的に、正確に、しかも迅速に処理できるよう日ごろから努力しましょう。
1.園事務について
園長の代理として行うのだという自覚をもちましょう。
園印、園長印は許可なく使用できません。
外部との交渉を要する場合には、園長の指示を受けましょう。
公文書および対外文書は園長の承認を受けたうえ、コピーをとっておきましょう。
自身の責任を果たすうえで、不明な事項があった場合には、園長の指示を受けましょう。
緊急を要する事務と常時行わなければならない事務、特定の時期に必要となる事務を調節して処理しましょう。
2.学務事務について
こまめに記録して正しく保管しましょう。
園事務と学務事務とを整理分担します。もし重なる場合には、全体に関係のある園事務を優先処理しましょう。
分担した事務は責任をもって整理し、その日の仕事は、その日のうちに処理しましょう。
保育日誌や園日誌は要領よくまとめ、正しく保管しましょう。
保育中や会議中は、特別の場合を除き、事務をとることを避けましょう。
3.備付表簿、計画と実施、管理、保管
学校教育法などの規定によって、備えておくように定められた表簿は、必要に応じてすぐ取り出せるようにしておきましょう。
教務
●教育計画立案・実施・改善
●行事計画・実施・反省
●指導要録調整・保管
●学籍事務(入退、修、証明)
●出席簿保管・出席統計
●生活指導計画・実施
●避難訓練・実施

●視聴覚計画・実施
●研修計画・実施
保険
●健康教育計画・実施
●健康診断計画・実施
●救急処置と薬品保管
●伝染病予防・清潔保持と
用具の管理
●保険関係の統計
このページのトップへ